しみの種類と治療法|美容室クリニックが評判!脂肪吸引やしみ治療を受けよう

しみの種類と治療法

婦人

脂漏性角化症

イボのようなしみを脂漏性角化症と言います。盛り上がっているのが特徴と言えるでしょう。東京では、専門のクリニックでしみ治療を受けることで改善できます。基本的にしみの隆起することで、イボのようになるのです。これはしみの角化が進んでいる証拠と言えるでしょう。顔以外の場所では、手の甲に脂漏性角化症が現れることがあります。目立ちやすいしみの1つと言えるでしょう。このしみは炭酸ガスレーザーなどで治療します。薄く削ることで、しみを目立たなくすることができるでしょう。美肌化粧品では改善することができないしみです。

遅発性両側性太田母斑

頬や額、目の周りなどにできるしみが遅発性両側性太田母斑です。生まれつきあるあざのことを言います。日本人女性の多くが、遅発性両側性太田母斑に悩んでいるでしょう。発症する時期は人によって様々です。生まれてすぐにあざが出現することが一般的でしょう。また、20代を過ぎてからあざが目立つようになる方もいます。目の下に遅発性両側性太田母斑ができた場合は、くまと勘違いしてしまうことも多いでしょう。基本的にレーザーによる治療が効果的です。東京では専門のクリニックを利用すれば治療することができます。諦める必要はないのです。

老人性色素斑

一般的にしみといえば、老人性色素斑のことをさします。紫外線などの影響によってしみになってしまうのです。年齢を重ねていくと、老人性色素斑も増えてくるでしょう。40代を過ぎたら注意が必要です。日頃からのケアが大切になります。また、紫外線などの影響があれば顔意外にも老人性色素斑ができてしまうのです。また、老人性色素斑はそのままにしておくと、脂漏性角化症に変化することがあります。脂漏性角化症になってしまうと、目立ってしまうでしょう。基本的にレーザー治療を受けることで、しみを取り除くことが可能です。素早く悩みを解消することができるでしょう。

しみ予防Q&A

日頃からできるケアはなに?

しみを予防するのであれば、洗顔は必ず行なうようにしましょう。また、強くこすりすぎてはいけません。優しく洗うのです。さらに、何度も何度も洗うものも控えましょう。肌を傷付けてしまいます。

サプリメントが効果的って本当?

サプリメントによっては、しみの予防に効果を発揮してくれるでしょう。基本的に体調を整えることで、肌トラブルを防げるのです。肌の健康を維持するのに効果的な成分を含んだサプリメントを利用しましょう。

治療と予防

しみ治療を行った後に油断していると、すぐにしみができてしまいます。治療すれば終わりではないのです。しっかりと日頃からケアを行なうようにしましょう。もっとも大切なことは、日頃からの予防です。意識してしみ予防に取り組みましょう。

広告募集中